西東京市の塾・学習塾なら

『根 本 義 塾』

 

 〒188-0014  東京都 西東京市 芝久保町 1-7-13-210

0424-30-6746

大学受験の化学を、おおまかに大きく分けると

1)計算問題

2)暗記問題(理論化学等)

に分かれます。

1)は、計算自体に化学では計算力は要求されませんが、一定の演習が必須です。あと有効数字に注意する必要があります。桁をそろえることも重要です。

2)は、別のところにも書きましたが、無機も有機も覚えることが 結構 多い です。効率的な暗記を なるべく早くから始めないと焦ってきます。たとえば中高一貫校でないと、有機の終わりのほうは時間的にアップアップになります(先生もかわいそうなほど・・・)

暗記ものは、知っていれば〇 知らなければ× なので 確実に 頻出問題はすべて〇にしておきましょう。

推薦の参考書としては 東進ハイスクールの一問一答です。

化学で受験する生徒さんは、すぐに始めましょう。なお、教科書が基本になることは言うまでもありません。

 

 

超 推薦します。古本でしか売っていません。AMAZONで買えます。

持っていて十分に価値ある本です。コンパクトな本なので携帯性も抜群です。

旺文社出版の「スピード整理連想連鎖70」 

 

【有機化学反応系統図】

教科書・参考書で理解したら、
このような系統図で自分にあったものを印刷して
 机の前や、よく見るところに貼って、記憶しましょう。

有機化学は 上記のように構造式で学べ形状が
はっきり把握できるので無機よりも勉強しやすいです(パズルのように楽しいです)。


無機と有機を勉強する際、頭の違う箇所を使うほど、勉強していて差がわかると思います。
無機は無機、有機は有機で 独立して勉強できます。


参照



 

周期表

・化学において 周期表の主要部分を暗記することは極めて大事です​
(教科書、参考書を読んで理解してください)。

1)単に表を暗記するばかりでなく、
2)上にいくほど、下にいくほど、左にいくほど、または、右にいくほど、
 何の性質が変わるのか?


 をマスターするのが極めて大切です。

・世の中で、どれがどの分野に使われているか?

・たとえばI族の原子は燃やすと何色になるか?
→炎色反応は、カラー図鑑と語呂合わせで覚えましょう(高校によっては学校で購入するように指示があって持っていると思いますが意外と有効活用できていません)。

参照



・化合物で教科書に出てくる反応式も大事です。

・沈殿物の色も覚えましょう。同様にカラー図鑑で覚えましょう。



・受験界でよく使われている 語呂合わせも 
積極的に暗記するときに使いましょう。

参照


 

google-site-verification: google494b9d5cd8817e8a.html