英語

受験勉強のコツ「英単語の記憶について」

投稿日:2018-07-14 更新日:

受験勉強の英語で

英単語の記憶は必須です。

どうやって記憶していますか?

いま中学では教科書によっては

巻末に

単語辞書みたいな解説が

ついています。

これをすぐ見て、なるほどなるほど

で終わらせてはいけません。

少なくとも

いまはみなさん電子辞書を持っていると思いますので、

音(おと)

を必ず5回くらい聴いて、

それをその後、必ず

モノマネしましょう。

そのとき、アクセントのあるところを

ワザと

強調して大声で読みましょう。

 

次に、それが含まれている文章を探し、

その文章が特に、

各 LESSON で

文法の重要事項が

含まれているときは、

3844328 / Pixabay

単語カードに書き出しましょう。

表に英語、裏に訳語と文法重要事項を

書きましょう。

地道な努力が

英語の勉強には必要です。

特に筆記体が学習必須項目でなくなってから

手を動かして

単語を覚えることも

少なくなっているように思います。

Convegni_Ancisa / Pixabay

手を動かして、

単語を書くと、

形状的にも記憶されます。

どこが高くなっていたか

どこが低くなっていたか

最後の語尾(接尾語)は、

tion

だったな、とか。

なお

接頭語、接尾語は

単語を覚える前に

すべて覚えてしまってください。

GOOGLE検索で、英語 接頭語、接尾語と

入れれば、表にまとまったものがみれます。

漢字の、「へん」とか「つくり」に相当するものを

始めに覚えてしまうことです。

PINTEREST

検索して、

https://www.pinterest.jp/search/pins/?q=%E8%8B%B1%E5%8D%98%E8%AA%9E&rs=typed&term_meta[]=%E8%8B%B1%E5%8D%98%E8%AA%9E%7Ctyped

 

このPINTERESTから

色々英語に役立つ表、イラストがあります。

PINTERESTをスマフォで

すぐみれるようにしておくとよいです。

画像による記憶は、強力です。

これに音声(おと)を加えましょう。

「音なくして、英語の勉強はありえません!」

(あわせて、

「辞書をまめにひくことなくして、英語力の成長なし」です。)

MonikaP / Pixabay

 

 

長文を読んでいるときも、

試験以外で

たとえば家では必ず声を出して

読みましょう。

読めない単語は

必ず電子辞書でチェック!

(NOTE:本当は、発音記号を読めるようにしておくべきです。)

 

他の科目に比べ、特に英語の受験勉強は、

一番社会(会社)に入ったときに

役立ちます。

将来社会人になって同期で

英語がダントツだったら、

相当有利です (これは 現実にみてきました・・・)。

外資系の会社でも

本当に英語ができるひとは少ないです。

その足がかりとして

受験で

ボキャブラリを増やすことは

もってこいの機会なんです。

コツコツ

がんばりましょう。

応援します。

なお、ぼくがブログ管理人となっている

楽々英語ボキャブラリゼミ

でも

ボキャブラリを効率的に増やす方法を

お伝えしています。

よろしければ訪ねてみてください。

https://konponteki-school.com/blog/

 

ではまたお会いしましょう!

 

 

  • この記事を書いた人
代表 根本通裕(ねもとみちひろ)

代表 根本通裕(ねもとみちひろ)

趣味はテニス、登山、オーディオ。 数学・英語を中心に中高生にホワイトボード持参の家庭教師か、大きなホワイトボードと3枚の小さめのホワイトボードを使いながらスカイプ(skype)で熱く分かるまで教えます。 ⇒詳しいプロフィール

-英語

Copyright© 予備校・塾の補習さらに日本留学試験「EJU」の「数学」にも対応する家庭教師です! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.