geralt / Pixabay

根本義塾<2U-JUKU> 

受験まであと少し。何をすべきか?

投稿日:

こんにちは!
ネット家庭教師ネモト です。

受験生のみなさん、調子はいかがですか?

思ったより、あっという間に、もうすぐセンター試験です。

光陰矢のごとし。
TIME FLIES LIKE AN ARROW.(←このことわざ受験にときどき出ますよ!)

このように、今からいっても効き目があまりありませんが、
自分の人生もまた、あっという間に過ぎていきます。

だから
「何が必要か?」
1.PDCA (PLAN,DO,CHECK、ACTION)
が大切です。
極端にいうと、80歳でこの世を去るとして、
何歳までになんの夢を達成する、
結婚は何歳までにする、
等々、具体的な人生プランは
すごーーく大事です。

この受験生活、受験までの期間で計画を立てて
進んだ生徒さんも多いと思います。

いかがでしたか?

大体、計画は立ててもその通りにいかないものなのです。

だから、うまく行かないことを見越して、予備期間を設けて、
遅れた分をそこで埋めるようにするとよいわけです。

2.メンタル アントニオ猪木的にいうと「気合い」です。
これは、1以上に大切です。
「私は、〇〇大学に絶対に合格する。」
というのもいいですが、
アメリカのジョセフマーフィーによれば、
「私は、〇〇大学に合格しつつあります。」
といった方がよいと書いてあります。

実は、ジョセフマーフィーの法則というのがありまして、
私は相当合格率が低い国家試験に挑戦していたので、

この法則を大切にしていました。

その通りにやると、本当に実現してしまうんです。

でも持続性が必要です。
ボクは、この持続性が少し欠けていました。
また、再開しています。

なぜ、しつつあります、と進行形にした方がいいかは、
ジョセフマーフィーの本を立ち読みでもすれば書いてあります。
気分転換に読んでみてください。

将来にわたって役に立ちます。

3.フィジカル(すなわち健康・体力)
最後は、メンタルとともに、
体力勝負です。
ジョギングや水泳をとりいれたりするとよいです。
勉強ばかりしていると、血液の流れが悪くなり、
頭の回転も悪くなります。
5分から10分でいいですから、
軽くジョギングを、そこら辺一回り
走っていきましょう。

4.願書を期限に間に合うように出すこと
これときどきミスっちゃうひといますよーー!
気をつけてくださいね。

5.受験番号と、氏名をていねいに書くこと。
これは試験当日の話ですが、
こんなところで一年の苦労を無駄にしないでくださいね。

さあさあ、
もうすぐです。

何をやればいいか?

新しいことをやる必要はありません。

今までの模試でできなかったところ、
不得意なところ
暗記事項のおさらい

これらを徹底的にやり守備固めに入ってください。

あと、実際の受験の時間と受ける曜日に合わせて、
センター試験を
家でやると緊張感がないので、
図書館や予備校や塾の自習室で
やってください。

なにを捨てて、
なにを得点源にするか?

満点なんてめざしてはいけません。

7割以上をめざすくらいのイメージで。

8割いけば、御の字くらいで。

そうすれば、必ず合格します。

自分が受ける大学学部の全試験科目に
対する勉強のバランスも気をつけてください。

不得意科目はやはり勉強時間を増やすべきです。

あともう少しです。
あともう少しで楽になれます。

いま、つなくてどうしようなくて、寝不足で、
それでもあきらめずに、がんばることが大切です。

このような場面は大学でも社会に入ってからも
あります。

その練習として考えちゃえば、気楽です。

これからも応援を続けます。
がんばってください。

DO YOUR BEST !

ネモトより

  • この記事を書いた人
代表 根本通裕(ねもとみちひろ)

代表 根本通裕(ねもとみちひろ)

趣味はテニス、登山、オーディオ。 数学・英語を中心に中高生にホワイトボード持参の家庭教師か、大きなホワイトボードと3枚の小さめのホワイトボードを使いながらスカイプ(skype)で熱く分かるまで教えます。 ⇒詳しいプロフィール

-根本義塾<2U-JUKU> 

Copyright© 勉強の「コツ」を教えます! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.